看護部

教育・研修制度

教育・研修制度について

当院は自ら成長しようと意欲のある人を支援します。
各ステージにに応じて、自立したキャリアアップをサポートしています。

看護部職員

看護部職員

新入職者を対象とした新人研修を行っています。
内容は精神保健福祉法や医療安全、感染対策をはじめ、統合失調症や気分障害、認知症の理解と看護など、精神科病院で対応が必要な患者様の病態や看護について学んでいきます。
また精神科で最も重要なコミュニケーションの方法、抗精神病薬についての知識など、臨床現場で必要な知識やスキルを学べるようにしていますので、精神科経験のない看護職員さんであっても心配なく働けるようサポートしています。当院は通年採用を行っており、中途採用の看護職員も多いため、新人研修については少人数で、その職員のこれまでの経歴にも配慮した個別的な教育を心がけています。

病院の全職員

病院の全職員

全職員を対象とした院内研修も月に平均2回程度開催しています。こちらは医療安全、感染対策、人権・倫理、行動制限などのテーマで30分から1時間程度の時間で研修を行っています。
看護部主催の新人研修も全職員を対象とした院内研修もWLB(ワークライフバランス)に配慮してすべて勤務時間内に行っています。勤務の関係で参加できなかった職員は、後日研修内容を撮影したビデオ視聴での研修も可能です。
ねや川サナトリウム看護部では、「医療従事者として生涯学習を目指す」ことを理念として掲げており、病院内だけでなく、各看護団体主催の研修会等にも積極的に職員を派遣し、研修受講を勧めています。